恋する心

恋愛をすると、行動力が湧いてくる。 自分はこうしたいとか

美味しいもの食べたいとか オシャレしたいとか

(^^)

私が特にそうなのかわからないけど 自分の好みのものを選ぶとか

自分のしたいように好きなように過ごす

ということを忘れがちだ。

自分軸より社会軸の方に気を使う癖があるからかもしれない。 恋愛をすると

自分軸に意識が戻って 自然と自分の時間を優先できる。 そして

その恋愛が成就するしないに関わらず

周囲の人になんか素敵だねと声をかけられるようになる

そうやって 自分軸を成長させてくれる恋愛は

大切ではあるけど

あまり執着しないように とも考えている。

それって、何かと向き合いたくなくて逃げてるのかな?と思ったりするけど

実際、自分が恋している相手と触れ合った時に

「え!全然考えてることも感覚も違うし、肉体レベルではなかなか調和しない!」 ということが起こることも。 その「不調和」を体験したり

不調和から生じた痛みが 記憶として体に残ることって

あとあと身体的にも精神的にも

ダメージになったりする。

それが調和に変化していくまでお付き合いができるなら、それもまたいい経験かもしれないけれど。そこまでも調和できる人がいたら、それは素晴らしいことだしね

男性、女性にこだわらず というか

人間であるかどうかにもこだわることもなく

素敵と感じる人、こと、もの

のエネルギーまとってみることが

私にとっての恋愛で

一人では気づくことのできない自分を

発見する体験。

それは自分の命を大切にしていくことでもあると思うから。

このエネルギーを司る

第二チャクラが育つ

7歳~14歳の子どもをもつ親としても

意識して大事にしていきたい