top of page

     下弦の月と星よみ(4/2)

更新日:4月4日






自分を我がままでいさせてあげる「自我」への愛と 他者との関係性を尊重しながら育てる「自己」愛


両方育てていくことで


どんなに厳しい「冬」も乗り越える力になる


自分の気持ちを素直に話せる仲間や環境を大切に



一時的な感情も <心と体のサイン>  衝動的に動くのもいいけれど 少し慎重になって、感情を出すタイミングを決めてみよう


誰かとの約束やルールを守ることで、プライベートも社会生活も


矛盾なく進めるスムーズな流れができるかも


***


心も体もホッとする深い安らぎは


一歩一歩、自分で歩いた先にあるもの

自分で行動するという「意志の力」は


いつか自分にも他者にも安らぎを与えてくれる


***


あらゆるものに信頼はあるだろうか? もし疑いがあるならそれはどこからくるのか?


信じる力で 光に向かって成長する ***




進みたい方向性がはっきりとしていて 信頼できる仲間がいることで


この先の発展がますます自由に


***


未知の世界への期待から 自分探しの旅へ出ると


「ひたすら歩き続ける」ような場面もあるかもしれない


そんな時にもヤケクソにならず


精神性を大切にするという挑戦





非現実的な話、多次元の世界の話も共有し 


現実的な感覚、視点とのつながりを確認する


***


受け継がれてきたものを


自分なりの方法で次世代へと渡す流れを作ること


生まれて、生きて、体を離れることで 


生命の姿となる



Comments


bottom of page