top of page

〈あなた/わたし〉から      〈あなた∞わたし〉へ


23歳の時、自分が育った家庭から独立し、結婚

2人の子供に恵まれた “ 賑やか ”な 今の毎日がある。

私が築いている家庭に、子供たちの父親はいない。 彼は遠くブラジルにいて

家族として想い合う気持ちはあっても、再会を果たせるかどうかは、正直わからない。 これはこれで、何か意味があると思っている。

結婚をしてブラジルへ行き

彼の夢だった「店」を一緒に立ち上げ

サポートをしていたのだけれど

家計は常に火の車で、多くの借金を抱えた。

借金だけでなく、夜遊びもやめられない彼に見切りをつけて 私は子供を連れて日本に帰ることにした。

〈彼は彼/私は私〉 1人で子育てをする事になったとしても

子供と健全に生きていかれる道をつくっていきたかった。


ところが、彼は店を人に任せ、一緒に日本に来るというので 復縁したのだけど、結局借金が更に膨らみ 彼だけがブラジルへ帰った。


その後、私は2人の子供を育てながら働いて

彼と一緒に借金を返してきた。


いつかそんな苦労も報われて

どんどん生活は良くなっていくと信じて、2年がすぎ


「一回家族で会って、一緒の時間を過ごそうよ」と伝えたら

「いつになるかわからない」という言葉が返ってきた。


その時私にできる1番愛のある行動は

子供の側にいる親が 健康的に生活する姿を見せる事だと感じていたので

夫婦としてのつながりが依存にならないように そこで断ち切る決断をした。


もちろん離婚しないで進む道も、間違いではなかっただろうけど 多分、より安全な道を 直感的に選んだのだと思う。


****************

< 1人親の核家族 >

より安全な道、と言っても

実際に 父親がいない核家族というのは 何役もの仕事を女性1人が担うという事で


家庭が平和で健やかであるために・・・


安全管理(子供を家に1人にしないとか)

学校の送り迎え・仕事の責任・衣食住の確保・家事

健康管理・予測できない沢山のことに対応するなど

24時間気が抜けない


学校では「緊急引き取り人」のところに自分以外の人の名前を書くのだけど、

当てにできる人がいない事が、いつも私の欠点のように感じていた。


仕事中でも、保育園や学校・学童からお呼びがかかれば、私が行くしかない。

子供が保育園に行きたくないと泣いていても、

自分から無理矢理引き離して置いていくしかない。生活のためだから。


アドレナリンか何かが出っぱなしの生活だった。


生き物なら当たり前に

頑張ったら休みたいし

お腹が空いたら食べたいし

ぼーっとしたり

気兼ねなく話せる相手とお喋りしたい


そんな「本能的欲求」を抑えていると

自分が鈍感になっていくのがわかったし

情緒不安定にもなっていった。


そんな中 コロナが始まり 学校に行けない子供2人(小1/小3)を連れながらも、仕事の責任があり

家で教育を求められ(学校から課題が送られてきて、親がみることになった)

どんどん荒れていく家の中で、もがいてみるものの 終わりが見えない日々が続いた。

そこで、親として自分に課している事を「減らす・変える」ことを決めた。


① 送り迎えや親のサポートが必要だった私立学校を辞め、家から一番近い公立学校へ変更


◉よかった事:十分な睡眠が得られる・呼吸が深くなった・家が整った

◉あまり良くなかったこと:引っ越しや学校を変えることで、不安定な時期を過ごした。 本人たちは前の学校を希望しているので、子供の意志を尊重できていないと感じている。


②「仕事やお金を失ったら生きていけなくなる」という不安を解消するため衣食住をなるべく自給する


◉意識し始めてから、衣食住を手作りする人たちとの繋がりが増えたり、手作りできる事が増えて、不安が減ってきたように感じる


③1ヶ月の3分の1は予定をいれない ◉子供に関する予測不可能な事が舞い込むので「余白」の時間を作っておかないと問題が増える

こう切り替えたことで、

残り数年であろう子育て時間を より大切にできたらと思っている。


*****************************


< 一人親の核家族 から コミュニティへ >


複数人で生活すれば より豊かに暮らすことが出来ると思って

新しいパートナーを探したり コミュニティスペースをやろうと積極的に行動していた時期がある。


だけど、人間関係を築くというのは 思っていたより複雑で(相性にもよるけれど)


ちょっとした事から生まれる〈誤解・すれ違い〉は

ほっておくと しこり のようになって

人間関係を気まずいものにする。


コミュニティを一緒にやっていこうと集った仲間でも 物事に対する解釈にズレがあり

間違った認識で 情報が拡散してしまったり

そこから噂話が発展して 

嫌な思いをする人がいたり。


人と繋がる場所や きっかけを作ること自体 余計な問題を引き起こしているように感じて 


今は一度、立ち止まって観察する時期にしている。


****************


<新しいパートナーシップ>


仕事と子供達の事で精一杯な中

好きな人と出逢って

愛情を深めたり、お互いの事を知るためには

時間や行動が必要。


ようやくそういう人ができて

一緒に過ごす時間を作りたくても、簡単にはいかず


すれ違いやコミュニケーション不足で

想いを伝えきれないまま離れ離れになったり


せっかく好きになってくれた人を

傷つけることになったり。


それでも諦めずにパートナーを求めていたら

「チャラチャラしている」とも言われた。


ある角度から見たら、そうなのかもしれない。

私は離婚している若いチャラチャラしたお母さんで

よく引っ越しをしていて、落ち着かなくて、未熟な親かもしれない。


〈あなたはあなた/私は私〉

今はそこまでの関係性しか築けていない人かもしれない


でも、私の人生の目的は

〈あなたとわたし〉で創っていけるものに喜び合って

沢山の愛ある時間を共有することにある。


まだまだ、目の前には広い世界が広がっているから

家族や仲間やパートナーと共に 創造していかれるあたたかい世界が

きっとそこにあると信じて進んでいきたい。

今の気持ちにぴったりな カントリーロードを歌ってくれた息子 笑 ありがとう 















留言


bottom of page